ダイヤモンド構造を見分ける

数あるダイヤモンドの構造を詳しく知っておこう

サイト項目

ダイヤモンドの色を変える技術があり、天然物はダイヤモンド買取に売れる

ダイヤといえば無色透明の輝きを放つものが、宝飾品として広く販売されています。 多くの女性がイメージするダイヤモンドは無力透明の輝きを放っているもので、結婚指輪などにも使われます。

ダイヤには様々な種類があり、世界にはカラーダイヤというものも存在しています。 天然のカラーダイヤはとても価値が高く、日本の一般的なダイヤモンド買取店では取引されることはほとんどないと言えます。 カラーダイヤのような希少性の高いものをダイヤモンド買取店に売却するときには、自宅に査定員に来てもらえる出張買取の方法を利用すると便利です。 出張買取であれば希少性の高いダイヤモンドを持って、買取店まで運ぶ必要がなくなります。

ただし、ダイヤモンド買取店で高い評価を受けられるものは天然のカラーダイヤとなります。 人工的に色を変える技術を用いて作られたカラーダイヤもありますので、天然ものとは区別されています。 色を変える技術としてはダイヤモンドに高温高圧をかける方法や、表面をコーティングする方法、放射線を当てて処理を行う方法などがあります。 放射線処理が行われたカラーダイヤは、人体に影響があるのか気になる人もいると思いますが、現在流通している人工ダイヤは健康に被害をもたらすものはありません。

天然のカラーダイヤの場合も、長い年月をかけて地中の奥深くで放射性物質と接触することで色が変わったと考えられています。 ダイヤモンド買取店に手持ちの宝飾品を売却したいときには、天然ものであるか確認しておく必要があります。 ダイヤモンド買取店によっては、人工的に作られたカラーダイヤを取り扱っていないところも多いですので、持ち込む前に質問して取扱いをしているか確認しておくことがおすすめです。

人工のカラーダイヤは宝飾品としての価値は低くなりますが、若者を中心にファッションアイテムとして流行しています。 天然ダイヤを売却するときには、価値を証明する意味としても鑑定書を付けておくことが大切です。 鑑定書や箱、保存袋などの付属品を綺麗な状態で保管しておくことで、ダイヤモンド買取店での査定結果を良くしてもらうことができます。

日頃からダイヤの取扱いを行う際には注意することが大切で、落としたり、衝撃を与えてしまうことで欠けることや傷が入ることが考えられます。 部分的に欠けたものや傷が入っているときには、ダイヤモンド買取の査定で評価が低くなってしまいますので、使用した後も丁寧に保管することを習慣付けておくようにしましょう。

Copyright(C)2014 ダイヤモンド構造を見分ける All Rights Reserved.